Pages

Ads 468x60px

2016年11月28日月曜日

GLIBCXX_3.4.15 not found エラー

パピー用のパッケージを作成していると
/usr/lib/libstdc++.so.6: version `GLIBCXX_3.4.15' not found (required by )
のようなエラーが発生する事があります
これはインストールされているライブラリが古く、ソフトウェアが要求するバージョンと合わないからです
そこでインストールされている libstdc++ に組み込まれているバージョンを確認

strings /usr/lib/libstdc++.so.6 | grep GLIBCXX
GLIBCXX_3.4
GLIBCXX_3.4.1
GLIBCXX_3.4.2
GLIBCXX_3.4.3
GLIBCXX_3.4.4
GLIBCXX_3.4.5
GLIBCXX_3.4.6
GLIBCXX_3.4.7
GLIBCXX_3.4.8
GLIBCXX_3.4.9
GLIBCXX_3.4.10
GLIBCXX_3.4.11
GLIBCXX_3.4.12
GLIBCXX_3.4.13
GLIBCXX_FORCE_NEW
GLIBCXX_DEBUG_MESSAGE_LENGTH

アプリケーションが要求するバージョン「GLIBCXX_3.4.15」が含まれていないことを確認できる
ubuntuのdebパッケージから新しめのlibstdc++.so.6を取得して差し替えて

strings /usr/lib/libstdc++.so.6 | grep GLIBCXX
GLIBCXX_3.4
GLIBCXX_3.4.1
GLIBCXX_3.4.2
GLIBCXX_3.4.3
GLIBCXX_3.4.4
GLIBCXX_3.4.5
GLIBCXX_3.4.6
GLIBCXX_3.4.7
GLIBCXX_3.4.8
GLIBCXX_3.4.9
GLIBCXX_3.4.10
GLIBCXX_3.4.11
GLIBCXX_3.4.12
GLIBCXX_3.4.13
GLIBCXX_3.4.14
GLIBCXX_3.4.15
GLIBCXX_3.4.16
GLIBCXX_3.4.17
GLIBCXX_3.4.18
GLIBCXX_3.4.19
GLIBCXX_FORCE_NEW
GLIBCXX_DEBUG_MESSAGE_LENGTH

エラー無くソフトが起動する
stringsコマンドは「binutils」に含まれる

Debian のデスクトップ環境

Debian 8 はインストールの際デスクトップ環境が選択できます(複数可能)
apt で追加でインストールができます

GNOMEKDE
# apt-get install task-gnome-desktop# apt-get install task-kde-desktop
MATELXQt
# apt-get install task-mate-desktop#apt-get install task-lxqt-desktop
XfceCinnamon
# apt-get install task-xfce-desktop# apt-get install task-cinnamon-desktop
LXDE
# apt-get install task-lxde-desktop# tasksel
Enlightenment - # apt-get isntall e17
Fluxbox - # apt-get install fluxbox
IceWM - # apt-get install icewm icewm-common
Jwm - # apt-get install jwm
Openbox - # apt-get install openbox

grubの修正

■grubの修正
ubuntuやdebiannを1つのHDDにインストールすると最後にインストールされたものが先頭にくる
起動したいLinuxディストリビューションを起動 端末を起動
debian@debian:~$ sudo grub-install /dev/sda
[sudo] password for debian:
Installing for i386-pc platform.
Installation finished. No error reported.
debian@debian:~$ sudo update-grub
Generating grub configuration file ...
Found background image: /usr/share/images/desktop-base/desktop-grub.png
Linux イメージを見つけました: /boot/vmlinuz-3.16.0-4-686-pae
Found initrd image: /boot/initrd.img-3.16.0-4-686-pae
Found Linux Mint 17.3 Rosa (17.3) on /dev/sda1
Found Ubuntu 16.04.1 LTS (16.04) on /dev/sda5
完了

■公開鍵を利用できないため、以下の署名は検証できませんでしたの対応
W: GPG エラー: http://www.deb-multimedia.org jessie InRelease: 公開鍵を利用できないため、以下の署名は検証できませんでした: NO_PUBKEY 5C808C2B65558117
W: GPG エラー: http://www.deb-multimedia.org sid InRelease: 公開鍵を利用できないため、以下の署名は検証できませんでした: NO_PUBKEY 5C808C2B65558117

sudo apt-key adv --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-keys 5C808C2B65558117
sudo apt-get install *****

■PPAを追加
sudo add-apt-repository ppa:noobslab/apps
sudo apt-get update
W: http://ppa.launchpad.net/ noobslab/apps/ubuntu/dists/jessie/main/binary-i386/Packages の取得に失敗しました 404 Not Found
E: いくつかのインデックスファイルのダウンロードに失敗しました。これらは無視されるか、古いものが代わりに使われます。
■PPAを削除 -rオプションを付ける
sudo apt-add-repository -r ppa:noobslab/apps
You are about to remove the following PPA from your system:
This PPA Contains Applications for Ubuntu/Linux Mint from different sources but debianized by http://www.NoobsLab.com
More info: https://launchpad.net/~noobslab/+archive/ubuntu/apps
Press [ENTER] to continue or ctrl-c to cancel removing it

sudo apt-get update

■エラーで実行できない時の対処策
エラー:
$ sudo apt-get update
(略)
W: GPG エラー: http://archive.ubuntulinux.jp oneiric Release: 公開鍵を利用できないため、以下の署名は検証できませんでした: NO_PUBKEY 68B5F60DCDC1D865

対処:
$ gpg --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-keys 68B5F60DCDC1D865
$ gpg -a --export 68B5F60DCDC1D865 | sudo apt-key add -
$ sudo apt-get update

エラー:
$ sudo apt-get update
(略)
E: ロック /var/lib/apt/lists/lock が取得できませんでした - open (11: リソースが一時的に利用できません)
E: ディレクトリ /var/lib/apt/lists/ をロックできません
E: ロック /var/lib/dpkg/lock が取得できませんでした - open (11: リソースが一時的に利用できません)
E: 管理用ディレクトリ (/var/lib/dpkg/) をロックできません。これを使う別のプロセスが動いていませんか?

対処:ロックファイルの削除
下記の2行を実行してロックファイルを削除
$ sudo rm /var/lib/apt/lists/lock
$ sudo rm /var/lib/dpkg/lock

その後、
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install -f
最後に、exit と入力

■旧バージョン カーネル イメージの削除
使用中のカーネル リリース番号を確認
$ uname -r

インストールされているカーネル イメージを確認
$ dpkg --get-selections | grep linux-image

使用中のものと「linux-image-generic」以外のカーネル イメージを全て削除
$ sudo apt-get autoremove --purge linux-image-カーネル リリース番号

2016年11月27日日曜日

compiz fusion for Debian

Compiz Debian(http://compiz-debian.tuxfamily.org)
Compizは、公式Debianリポジトリによって提供されていない
ver.0.9は、Ubuntuのために開発されたもので、他の環境では不安定のようです
Debian用のプロジェクトが作成され そこでの生成パッケージは古いバージョン0.8.4からアップデートされ、i386とamd64のアーキテクチャ用にビルドされDebianの安定した "jessie"とtesting "stretch"の両方のパッケージを提供しています

インストール
下記作業は root権限(su)での作業になります

リポジトリ登録
wget -q http://download.tuxfamily.org/compiz/apt/key.pub -O- | apt-key add - && echo "deb http://download.tuxfamily.org/compiz/debian $(lsb_release -sc) main" | tee /etc/apt/sources.list.d/compiz-debian.list && apt-get update

Compiz
compiz-core, gtk-window-decorator, settings manager とメインpluginsのインストール
apt-get install compiz

オプションのパッケージ
Emerald
window decorator for Compizインストール (お勧め:XFCE, LXDE )
apt-get install emerald

Fusion Icon
Compizを簡単に有効にしたり、無効にしたり、再起動したり、現在使用されているウィンドウマネージャやウィンドウデコレータを変更できるトレイアイコンをインストールします
apt-get install fusion-icon

MATE
MATEデスクトップとの互換性向上のためにmate-compatプラグインをインストールする
apt-get install compiz-mate

Simple ccsm
簡単なCompiz設定マネージャをインストール
apt-get install simple-ccsm

Plugins
plugins extraをインストール
apt-get install compiz-fusion-plugins-extra

実験的pluginsをインストール
apt-get install compiz-fusion-plugins-unsupported

https://wiki.archlinuxjp.org/index.php/Compiz

アマチュア無線のソフト

tahrpup 6.0.5 JPで使えるアマチュア無線用のソフトを作成しました
■jPSKmail
短波(HF)通信によるアマチュア無線(ハム)で使用するための狭帯域ARQシステム
HP:http://pskmail.org/
マニアル:http://pskmail.org/downloads/jpskmail_manual-2.1_draft1.pdf
Javaが必要
jPSKmail.sfs (4.4 MB)
■zyGrib GRIB file viewer
zyGrib.sfs ( 7.4 MB)
(GcmWin、Locator extractor、zyGrib GRIB file viewer 同胞)
■GcmWin
グレートサークルマップを作るプログラム
HP:http://www.qsl.net/sm3gsj/index.htm

■Locator extractor
■Tucnak4.0.5
HP:
http://tucnak.nagano.cz/wiki/Main_Page
マルチVHF/ HFコンテスト日誌

Tucnak4.0.5.sfs ( 3.8 MB)
■Fldigi
fldigi_3.23.08-1_trusty_i386.sfs (4.3 MB)

Fldigiを利用すると、トランシーバをコンピュータに接続して、コンピュータのサウンドカードを使ってPSK31、RTTY、MFSK、Olivia、CWといったデジタル信号の送受信を行なうことができる
■xastir
xastir_2.0_i386.sfs (19.3 MB)
ラジオ/インターネットAPRSデータストリームを介した各局へのメッセージングとリアルタイムトラッキングのツール
w/125 mapフォーマットをサポートしている
w/GPSモバイルマッピングのために使用することもできる
起動はtahrpup 6.0.5 JPで確認しています

2016年11月25日金曜日

Xenialpup64 7.0.7 JP

666philb氏がXenialpup64 alphaとして公開している物を日本語仕様にしてみました

xenialpup64_7.0.7_JP_2016.09.28.iso (387.4 MB)

64bitパソコン用です
日本語版
フォント: 源ノ角ゴシック、Noto Sans Mono CJK JP
日本語入力: scim-mozc

実験的にGIMPを入れてみました

Xenialpup 7.0.1 JP

Fvwmは未完の大器と言われる x windowシステムです
fvwmを使ったものにAustrumi linuxてのがあります
Xenialpup 7.0.1をベースにして挑戦してみました
Fvwm-Home Pageよりfvwm-2.6.6.tar.gz をダウンロードして入れてみました
設定ファイルはaustrumi-3.4.2から抜き取りました
xenialpup-7.0.1-JP_2016.09.30.iso (378.5 MB)

x widowの切り替えは 「Ctrl」+「Alt」+「Back space」でプロンプト画面にして
Fvwm は xwin fvwm
Jwm は xwin jwm

config(設定ファイル)は/usr/share/fvwm
画像のテーマconfigは「fvwm2rc_1」
fvwm2rc_1~8は 異なるテーマの設定ファイル
興味ある方はいじてみてください

fvwm2rc_1fvwm2rc_2
テーマ切り替えは
/usr/fvwm/fvwm2rc_2を/root/.fvwmフォルダーに相対パスでコピー 名称をconfigに変更

flashプレーヤー(PPAPI)32bitのfreshplayerpluginが使えるので追加した

firefox-portable-0.8.2.tar.gzを利用してFirefox47 32bitでGyaoを視聴してみました
user agent overrider (mac/Safari)を使てみました

最近販売されているパソコンは16:9の横長画面です
動画視聴にはいいのですがブログ等のサイト閲覧や文書作成などは4:3画面の方が使い易い
公開したテーマは右、左側にガジェットを配置して各アプリを4:3で使ってもアプリメニューを選択しやすいようにしてみました

LibreOffice_5.2.2.2_x86_JP.sfs
gimp_2.8.16_xenial_JP_i386.sfs
avidemux254_i386.sfs

2016年11月24日木曜日

netbootインストール

debianやUbuntuはlive CDでのインストールの他にnetbootインストールの方法がある
netbootインストールでインストールすると公開以降更新されたファイルシステムでインストールされるのでアップデートをする必要がありません

Debian8.6の場合
http://ftp.nl.debian.org/debian/dists/Debian8.6/main/installer-i386/current/images/netboot/debian-installer/i386/
Ubuntu16.04の場合
http://archive.ubuntu.com/ubuntu/dists/xenial/main/installer-i386/current/images/netboot/ubuntu-installer/i386/
vmlinuz,initrd.imgをダウンロードし USBメモリーに保存
ブートローダーGrub4Dosを使う

Grub4Dosのmenu.lstに下記を書き込む
title Debian8.6 Installer
root (hd0,0)
kernel /linux
initrd /initrd.gz

Debianは、sudoが使えないので、
$ su
# geany /etc/sudoers
で赤字部を追記、保存
root  ALL=(ALL:ALL) ALL
(user名)ALL=(ALL:ALL) ALL

2016年11月23日水曜日

日本語翻訳ファイル mo,qmの作成

linuxのソフトは国際化が進んでいて翻訳ファイル(moファイル)でローカル表示をしています
/usr/share/locale に翻訳ファイルが入っています
/usr/share/locale/ja が日本語用です

現状のmoファイルはテキストファイルではないので作業しやすいようにテキストファイルに変換します
gettext ソフトが使われています

1.moファイルはそのままでは編集できない
moからテキストファイルのfile.poへ変換
$msgunfmt file.mo -o file.po

2.file.poをテキストエディターで編集

3.編集済みfile.poをfile.moに変換
$msgfmt -o file.mo file po 

端末に
msgunfmt /usr/share/locale/ja/LC_MESSAGES/wizardwizard.mo -o /usr/share/locale/ja/LC_MESSAGES/wizardwizard.po
タイプするとwizardwizard.poが作成されます

テキストで開くと
msgid ""
msgstr ""
"Project-Id-Version: WixardWizard\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
"POT-Creation-Date: 2015-12-31 20:56+0900\n"
"PO-Revision-Date: 2015-12-31 21:00+0900\n"
"Last-Translator: Masaki Shinomiya \n"
"Language-Team: 486HA \n"
"Language: \n"
"MIME-Version: 1.0\n"
"Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
"Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
"X-Poedit-Language: Japanese\n"
"X-Poedit-Country: Japan\n"

msgid "Desktop"
msgstr "デスクトップ"

msgid "Printer"
msgstr "プリンタ"

msgid "Puppy Setup"
msgstr "パピーの設定"

これは"/usr/sbin/wizardwizard"の日本語化の為のファイルですので"/usr/sbin/wizardwizard"をテキストで開くと
#!/bin/sh
#Barry Kauler www.puppylinux.com
#2007 Lesser GPL licence v2 (http://www.fsf.org/licensing/licenses/lgpl.html)
#v411 modified network-connect button.
#100215 fix exit button.
#101019 added video upgrade wizard.
#120202 BK: internationalized.
#130216 BK: change text for mouse.
#131210 zigbert: gui (gtkdialog) improvements.

export TEXTDOMAIN=wizardwizard
export OUTPUT_CHARSET=UTF-8

[ -s /usr/sbin/pdesktop ] && BUTTON_33='<button image-position="2"><label>'$(gettext 'Desktop')'</label>'"`/usr/lib/gtkdialog/xml_button-icon windows.svg huge`"'<action>/usr/sbin/pdesktop &</action></button>' || BUTTON_33='<text><label>""</label></text>' export WizardWizard='
<window title="'$(gettext 'Puppy Setup')'" icon-name="gtk-preferences">
<vbox space-expand="true" space-fill="true">

$(gettext 'Desktop')   →   msgid "Desktop"
日本語表示   →    msgstr "デスクトップ"
$(gettext 'Puppy Setup')   →   msgid "Puppy Setup"
日本語表示   →    msgstr "パピーの設定"
上記のような法則があることがわかる

編集が終えたら 編集者と日付けを記入
"POT-Creation-Date: 2015-03-21 09:03+0900\n"     起表日   世界標準時
"PO-Revision-Date: 2016-03-21 09:05+0900\n"    修正日   世界標準時
"Last-Translator: damboard\n"    作者または修正者
"Language: Japanese\n"

編集後 file.poをfile.moに変換
msgfmt -o /usr/share/locale/ja/LC_MESSAGES/wizardwizard.mo /usr/share/locale/ja/LC_MESSAGES/wizardwizard.po

パピー固有のソフトはこのようにして 翻訳ファイルを作成することができます
ただパピーは英語圏の作者が多いので"gettext"が抜けているソフトがあり 実行ファイルの修正が必要なものもあります

オープンソースのアプリケーションは、メッセージの国際化にgettextを利用している場合が多いのですが、Qtを利用して作られたアプリケーションはQt自体にgettext的な機能を持っており、メッセージを翻訳するにはgettextと違った手順になります
簡易に作成する例として
ubuntu等のバックアップツール「Systemback(https://sourceforge.net/projects/systemback/)」は日本語表示がされていません
そこで
systemback_1.8.402_source.tar.xz を展開
/systemback_1.8.402/lang/systemback_zh_CN.ts をテキストで開く
systemback_zh_CN.tsは中国語の表示ファイルなので中国語の部分を日本語に変更
systemback_ja.ts として保存
端末より作成コマンド
lrelease-qt4 systemback_ja.ts
とタイプすると
systemback_ja.qm が作成されます
有効にする為
/usr/share/systemback/lang/systemback_ja.qm に配置する

tahrpup-6.0.5-JPNには"gettext"と"Qtの翻訳ソフト"を組み込んであります

tahrpup 6.0.5 JP

666philb さんが 作成しているtahrpup 6シリーズ
Ubuntu 14.04 LTS (Trusty Tahr)をベースにしている

オリジナル iso
http://distro.ibiblio.org/puppylinux/puppy-tahr/iso/testing/
日本語版
tahrpup-6.0.5-JPN-2017.01.20.iso (375.4 MB)

日本語入力:SCIM-MOZC
フォント:源の角ゴシックフォント、Noto Sans Mono CJK JP
ウエーブブラウザ:opera ブラウザ
operaブラウザ用「adobe flashplugin (PPAPI)」の更新
http://archive.canonical.com/pool/partner/a/adobe-flashplugin/  から
adobe-flashplugin_20161108.1.orig.tar.gz (最新)

展開して
/usr/lib/adobe-flashplugin/libpepflashplayer.so
/usr/lib/adobe-flashplugin/manifest.json
を置き換えると最新のflashが使えます

パピーの日本語フォーラムはそれなりに機能しているようだが中国や韓国の紹介サイトは休止中のようです
そこで 中国や韓国の人にも利用してもらおうと対応してみました
言語入力ソケットを登録すると入力ができます

このサイトで配布っしている pupletのフォントは 日本語の他に中国語や韓国語も表示できる「源の角フォント」を使っています
そこで 中国語とハングルを入力できるプラグインを作成しました
sfsファイルをブートして再起動すると有効になります

[scim-googlepinyin-i386.sfs ]
入力の方法
ピンインで入力します

例)
英語の「I love yuo」は中国語では「我爱你」です
woaini とタイプして候補がでます 
候補に「我爱你」が表示され確定します
候補の選択は 矢印キー ↑↓ 
候補一覧に無い場合 page UP page Dn でリストが切り替わる
Enter キーだと「woaini」
「我爱你」の確定は speceキー になります

[scim-hangul_i386.sfs]
ハングル入力キーボード対比


例)
こちらを参考に「こんにちは」
안녕하세요? <アンニョンハセヨ?>を入力してみた
ハングルのキーボード配列を日本語キーボードに置換えて 「dks sud gk tp dy ?」とタイプすると
「안녕하세요?」となる

NHKのニュース動画が素では見れない
そこでとある書き込みをヒントに ここの libavcodec56等ザックっと入れてみたら firefox50で視聴できました
operaではみれない
追加ソフト
LibreOffice_5.2.2.2_x86_JP.sfs
smplayer_16.9.0-1_i386.sfs
inkscape_0485.sfs
draftsight_2014.3.70.2_i386.sfs

Game
LinCity.sfs
supertuxkart_0.8.1-2_i386.sfs

X tahrpup 2.0 JP

rg66氏がthe latest version based on tahrpup-6.0.5 (32bit) with Xfce-4.12 and comes with the 3.14.56 PAE kernel.
として公開している 「X-tahr-2.0.iso   20-Aug-2016 06:16  ( 222M )」 を日本語翻訳しました
フォーラム
http://www.murga-linux.com/puppy/viewtopic.php?t=99849

X-tahrpup-2.0_JP_2016.10.04.iso (258.8 MB)

デフォルトブラウザはfirefox light48になります
Flash Player 23 Betaが公開されていたので
NPAPI (32bit)を使ってみました

デスクトップのconkyの日付の変更
「/etc/conky/calendar1」を
テキストで開いて
53行の「平成28年」を「平成29年」に修正して下さい
フォント:
源ノ角ゴシック
Noto Sans Mono CJK JP
日本語入力: scim-mozc



規定のブラウザを指定していません
お気に入りアプリケーションで指定してください(/usr/bin/light)

LibreOffice_5.2.2.2_x86_JP.sfs
opera-stable_40.0.2308.81+PPAPI23.0.0.162_i386.sfs
smplayer_16.9.0-1_i386.sfs

■DeskTop上のアイコンの文字色の変更方法
~/.gtkrc-2.0で変更
style "xfdesktop-icon-view" {
XfdesktopIconView::label-alpha = 0
XfdesktopIconView::selected-label-alpha = 50
XfdesktopIconVIew::ellipsize-icon-labels = 1
XfdesktopIconView::tooltip-size = 15

XfdesktopIconView::shadow-x-offset = 0
XfdesktopIconView::shadow-y-offset = 0
XfdesktopIconView::shadow-color = "#000000"
XfdesktopIconView::selected-shadow-x-offset = 0
XfdesktopIconView::selected-shadow-y-offset = 0
XfdesktopIconView::selected-shadow-color = "#000000"

XfdesktopIconVIew::cell-spacing = 4
XfdesktopIconView::cell-padding = 4
XfdesktopIconView::cell-text-width-proportion = 2.5

base[NORMAL] = "#666666"
base[SELECTED] = "#c8d4f7"
base[ACTIVE] = "#c8d4f7"

fg[NORMAL] = "#808080"
fg[SELECTED] = "#808080"
fg[ACTIVE] = "#000000"
}
widget_class "*XfdesktopIconView*" style "xfdesktop-icon-view"
gtk-theme-name="Soothe"

最初のエントリでは文字の背景の透明度を設定
3 つの "base" エントリは文字の背景色を設定
"fg" エントリでは文字の色を設定
"NORMAL" エントリには通常時および非選択時の色を設定
"SELECTED" エントリにはアイコンを選択時およびキーボードフォーカスがデスクトップにあるときの色を設定
"ACTIVE" エントリではアイコンが選択され、キーボードフォーカスがデスクトップにないときの色を設定

java プラグイン作成

ubuntuあたりだと 自動更新で最新に更新されるが puppy linuxはフォーラムに誰かがアップしないと手に入らない
なら 自分で作成するのが早いし誰かが作成しアップしたものが使えるとは限らない
firefoxの最新プラグインのチェックをしてみた
javaやadbe flashは更新が頻繁なので大変だ

tar.gzを取得
javaのHP(https://java.com/ja/download/)から jre-8u91-linux-i586.tar.gzを取得
それを展開 jre1.8.0_91フォルダーができる

sfsファイルの作成
usr---bin
/java/bin/java へリンク
/java/bin/javaws へリンク
/java/bin/jcontrol へリンク
/java/bin/jjs へリンク
---java
jre1.8.0_91フォルダーをjavaとリネーム
---lib---mozilla---plugins
/jre1.8.0_91/lib/i386/libnpjp2.so をコピー

日本語の文字化け対策
日本語を表示するために日本語フォントを入れる
/java/lib/fonts/fallback/M+1P+IPAG.ttf

環境変数
/etc/profile.d/java を下記内容で作成
JAVA_HOME=/usr/java
PATH=$JAVA_HOME/bin:$PATH
CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/lib/dt.jar:$JAVA_HOME/lib/tools.jar
export JAVA_HOME
export PATH
export CLASSPATH
export _JAVA_OPTIONS='-Dawt.useSystemAAFontSettings=on'
JAVA_FONTS=/usr/share/fonts/TTF

参考
「dir2sfs」を使ってsfsファイル作成

見逃したテレビ番組を見る

料理番組やドラマのテレビ番組をパソコンやタブレットで見る方法
日本のドラマのテレビ番組が動画サイトにアップされています
違法らしいのですが 放送局のチャックが入り見えなくなること過多なのだがアップされています
動画サイトによっては回線が細かったり人気番組で混雑していてスムーズにそのホームページではみれない
著作権のある動画ダウンロードは違法みたいですが パソコンで動画が見れる仕組みは動画をパソコンに保存しないとモニターに表示できないのだから 見ることは違法ではなくダウンロード(保存)は違法て筋が通らないと私は思う
保存方法
Pandora TV
例えば下記のページで説明する
http://jp.channel.pandora.tv/channel/video.ptv?ch_userid=sbs-tv&prgid=54373229&categid=all&page=1&ref=ch&lot=cthum2_1_1

Firefoxの場合 「Video Downloadhelper」を使う
動画が読み込まれると「Video Downloadhelper」が起動する
「Copy URL」をクイックして クリップボードに保存

google chromeの場合は動画ゲッターを利用する
エディターに貼り付け
http://61.110.217.166/redirect/trans-idx.gcdn.pandora.tv/flvorgx.pandora.tv/sd/_user/s/b/sbs-tv/29/20161125075826101hjteibbnrxlkf.flv?skip=0&px-time=1480044242&px-hash=a3986cdba1a1c0772d0794d6e7a25e0d&px-bps=1356186&px-bufahead=10
pandora TVは
http://flvopz.pandora.tv が有効なので
http://flvopz.pandora.tv/sd/_user/s/b/sbs-tv/29/20161125075826101hjteibbnrxlkf.flv
のように動画のURLを作成
(hd, sd, flv,vldと動画が質がある)

「Uget」を使う
プロキシを「HTTP」にしポストとポートを記入し「OK」を押す
プロキシは下記サイトを利用
xroxy.com (韓国串)
http://www.xroxy.com/proxy-country-KR.htm
cybersyndrome.net(韓国串)
http://www.cybersyndrome.net/country.html
適宜に (表示されてても使えない場合がある)
「avidemux(avidemux254_i386.sfs)」を使って不要なCMなどを削除して mp4に変換すればVLC やPSPで動画が楽しめます
動画ゲッターはいろいろな動画サイトで使えて便利ですが 動画サイトは仕様の変更が過多あるので過信は禁物です
オンラインの変換サイトも有効に利用しましょう
yotube
http://www.clipconverter.cc/jp/

Facebook, Metacafe, Veoh, Vine, Twitter, Ustream, MioMio, Vimeo, Dailymotion
http://savevideo.me/jp/

MEGAsync

当ブログにアップされている作品は MEGAにアップされています
無料で50GBの容量のストレージサービスが使えるのは魅力があります

最近 ブラウザでのダウンロードが出来ない 途中で止まる なんて書き込みを目にすることが多くなりました
会員登録して下さい
MEGAsync と言うコンピューターとグランドドライブが同期するシステムがあります

それのパピー用のパッケージを作成しました
megasync_tahr605_i386.sfs (3.5 MB)
「アカウント作成」を選択すると・・・
名前、メールアドレス、パスワードを入力
新規にアカウントを取得した場合
この画面になる前にmegaから送られてきたメールをチェック
ローカルフォルダーはパピーの場合
/mnt/home/に作成した方がいい
(saveファイルの関係から)




MEGA(メガ)はMega Limitedが開発したクラウド・オンラインストレージサービス
日本語も含め、多くの言語に対応しており、50GBの容量のストレージサービスを無料で利用することができる
MEGAという名称は、"MEGA Encrypted Global Access"の再帰的頭字語である
MEGAのサイトはJavaScript、HTML5を利用したシステムでGoogle Chromeが推奨されている