Pages

Ads 468x60px

2016年12月9日金曜日

ブラウザの隠し設定の出し方

ブラウザの隠し設定(試験運用機能) 通称「隠し設定」-正確には「試験運用機能」
まだ正式採用されていない最新技術や環境設定ができます
■Chrome, SRWare Ironの場合
隠し設定の出し方
アドレス欄に「chrome://flags」と入力してEnter
設定値の変更は
[有効にする][無効にする]のリンクをクリックして切替
又はコンボボックスで選択
いじりすぎてわからなくなった場合や、動作が不安定になった場合などは、[すべてデフォルトに戻す]で初期状態に戻せます

ドレス指定で表示できるメニューいろいろ

設定chrome://settings
隠し設定chrome://flags
ブックマークchrome://bookmarks
履歴chrome://history
拡張機能chrome://extensions
プラグインchrome://plugins
Chromeについて(概要)chrome://help
バージョン情報
(Flashのバージョンやパスの確認など)
chrome://version

■FireFoxの場合
隠し設定の出し方
アドレス欄に「about:config」と入力してEnter
警告メッセージが表示されるので[最新の注意を払って使用する]をクリック
変更は各項目をダブルクリックで
データ型が真偽値(ブール値)の場合はtrue/falseの切替それ以外は設定値の入力になります
「初期値に戻す」機能はないので、変更する場合は慎重に

某国営放送のニュースや TBSラジオクラウドが聞けない対策(tahrpup 6の場合)
Firefox50の場合 libavcodec をチェックをしているのでそれを無効にする
「libavcodec」で検索
「change media.libavcodec.allow-obsolete」をfalse → true に変更

アドレス指定で表示できるメニューいろいろ

設定about:preferences
隠し設定about:config
ホーム画面about:home
アドオンabout:addons
プラグインabout:plugins

■Operaの場合
隠し設定の出し方
アドレス欄に「opera://flags/」と入力してEnter
設定値の変更は
[有効にする][無効にする]ボタンをクリックして切替 又はコンボボックスで選択
[すべて標準の状態に戻す]で初期値に戻せます

アドレス指定で表示できるメニューいろいろ

設定opera://settings/
ホーム画面(スピードダイヤル)opera://startpage/
ブックマークopera://bookmarks/
ディスカバーopera://discover/
履歴opera://history/
タブopera://activity/
拡張機能管理opera://extensions/
プラグインopera://plugins/
Operaについて
(バージョンやユーザファイルの保存場所など)
opera://about/

※アドレスの最後の「/」はなくてもOKです Opera特有なのもある 基本はChromeと同じ

■Vivaldiの場合
隠し設定の出し方
アドレス欄に「vivaldi://flags」と入力してEnter
現時点の最新版であるTech Preview 4(ver.1.0.219.50)でテスト
いまのところ隠し設定についてはGoogle Chromeとほぼ同じ感じ

アドレス指定で表示できるメニューいろいろ

設定vivaldi://settings
隠し設定vivaldi://flags
ブックマーク(※1)vivaldi://bookmarks
履歴vivaldi://history
拡張機能管理(※2)vivaldi://extensions
プラグインvivaldi://plugins
Vivaldiについて
(バージョンやユーザファイルの保存場所など)
vivaldi://about

※1)Chromeのブックマークマネージャが起動
※2)テスト的な扱いだけどChrome拡張が使えます(Chromeウェブストアからインストール)