Pages

Ads 468x60px

2017年2月23日木曜日

日本語化パッケージ

毎日 どこかで子犬が生まれています
「lang_pack_ja-2.0.sfs」ではフォントが汚い、日本語入力のanthyがおばかでいらついってしまうがこれしか無いので諦めている諸兄
pupletをデフォルトのまま使いたい人また加工したい人の為
フォントを源の角フォント、日本語入力を scim-mozcで使ええる
新たな日本語パッケージ(32bit用)を公開します

Locale_JP_mozc_pack_march.sfs

セットの仕方
pupletを起動してデフォルトのままsaveファイルを作成
再起動して 「SFS Load on the fly」で「Locale_JP_mozc_pack_march.sfs」を登録
x サーバーの再起動のメッセージがでたら 電源を切って下さい
再度起動して「Puppy Setup」で日本語環境に設定して下さい
デスクトップ等日本語になります
もちろん 日本語入力もできます

tahr-6.0.6-uefiやtahr-6.0.5,xenialpup-7.0.8.1-uefiでも使えます
使用の壁紙は同胞されていません
子犬の種類が多くて前出のパックではmozcが有効だが言語バーが表示しないものがあったのでAnthyも入れちゃいました

Locale_JP_AnthyMozc_pack_march.sfs

「Locale_JP_mozc_pack_march.sfs」 が利用できない場合は
下記のパッケージを利用下さい(32bit用)

日本語入力 scim-anthy lang_pack_ja-2.0.sfsの翻訳ファイル増強版
Locale_JP_anthy_pack.sfs (47.7 MB)

翻訳ファイルは当方で利用しているファイルです

パピーを起動すると本体sfsファイル以外にも自動で読み込みができるsfsファイルがあります
そのリストは/etc/DISTRO_SPECS に表示されています
例えば xenialpup-7.0.4であれば
DISTRO_PUPPYSFS='puppy_xenial_7.0.4.sfs' システム本体
DISTRO_ZDRVSFS='zdrv_xenial_7.0.4.sfs'  カーネル
DISTRO_FDRVSFS='fdrv_xenial_7.0.4.sfs'
DISTRO_ADRVSFS='adrv_xenial_7.0.4.sfs'
DISTRO_YDRVSFS='ydrv_xenial_7.0.4.sfs'

「fdrv_xenial_7.0.4.sfs」「adrv_xenial_7.0.4.sfs」「ydrv_xenial_7.0.4.sfs」この3つは未使用なのでダウンロードした「日本語化パッケージ」を「ydrv_xenial_7.0.4.sfs」とリネームしてシステム本体「puppy_xenial_7.0.4.sfs」と同じフォルダーに置いてパピーを起動してください
利用対象のpupletを確認してリネームしてください
言語設定のソフトが英語で開きますので 日本語環境に変更すると日本語で表示されます
日本語化して文字が□になってしまったら
「graaphical server 再スタート」をクイックして x サーバーを再起動してください