Pages

Ads 468x60px

2017年3月16日木曜日

xenialpup 7.0.8.1 uefi i686 JP

xenialpup-7.0.8.1-uefi.iso(http://distro.ibiblio.org/puppylinux/test/xenialpup/)が公開されています
早々に日本語環境版を作成しました

xenialpup_7.0.8.1_uefi_JP_20270315.iso (419.8 MB)

ブラウザは Opera43に変更
remasterx-1.0で日本語版を作成
毎日どかおかで 子犬が生まれています
それをどの様に育てるかはuserしだいです

2017年3月6日月曜日

tooppy precise 2.2 FINAL JP

ToOpPy LINUX
tooppy_precise-2.2-FINAL.iso (292.5 MB) を日本語化してみました
Locale_JP_mozc_pack_march.sfsrip_tooppy.sfs を使いました

ロケールの設定
端末を開いて
quicksetup

rip_tooppy.sfsを追加すると赤○を右クイックでquicksetupが起動

2017年3月2日木曜日

MokshaPup 1.0.0 JP

MokshaPup-1.0.0.-JP-nopae k-4.5.5-20170303.iso (352.2 MB)

archive.orgにisoがアップされています
こちらで 日本語化パッケージによって日本語化しています
今回 remasterx-1.0.petを使って日本語版を作成しています

ワープロ abiwrdをインライン入力で使うなら「env GTK_IM_MODULE="scim-bridge" abiword "$@"」 で起動してください


ブラウザはqtwebが入っています(デフォルトのまま)日本語環境での閲覧はできるが日本語が入力できません
「env GTK_IM_MODULE="scim-bridge" QtWeb "$@"」で起動すると日本語の入力ができます
operaを追加してあります

オリジナルがハンガリー語 日本語表示フォントに源の角フォントを追加してあるので
中国 ハングル ロシア フランス イタリア語での使用ができます
基本環境設定の言語をそれぞれに設定すると
enlightenmentの言語設定に「国旗」が追加されるのでそれを選択します

こちらで案内している中国語やハングルの入力プラグインを利用することもできます